無料
エロ
動画

オナペルディア


性の荒野に未だ見ぬ一輪の花を探して・・・

★いつもお世話になってます!★ ★コロコロカワルオススメサイト★
new

★★友軍の最新情報★★

★★★デザイン改良中★★★

リアル銀魔王

2008-08-30 Sat 01:43:13

image 金的を蹴られ続ける赤いマスクマン。

FLV2:29

こいつが凄い。さすがに、マゾといえど、急所攻撃を受けつつ、リアルなエクスタシーを継続することは不可能と考えていたが、こいつの陰茎は、思い切りクリーンヒットする急所攻撃の前に勃起し続けている。こいつを倒すのは不可能と思える。

ZENTAI!金魔王と銀魔王!

2008-08-28 Thu 00:34:50

image

金と銀の全身タイツが街を練り歩く。

FLV1:32

ZENTAIなる言葉を耳にし、各国の要所に偵察を試みた。どうも、「全身タイツ」→「全タイ」→「ZENTAI」として、ワールド・ワイド・グローバルな言語として認識されつつあるようだ。恐るべし、ジャパン・エロ・パワー、である。

レッド・ブルー・イエローソファー&グレー?

2008-08-23 Sat 13:48:31

image カラフルな全身タイツの人々の性生活。画面全体の色合い、質感がとても良い。

WMV00:56

才気あふれる良い映像である。

家畜人テーブル

2008-08-22 Fri 02:56:36

image 肉の机と化した奴隷の背中を使ってカードゲームを楽しむ婦人たち。しかし、カードゲームなどそっちのけで、執拗なスパンキングに興じる。

FLV11:47

スロート・オブ・ザ・リング

2008-08-19 Tue 02:11:29

image これは、勇者達の物語である。2匹の邪悪な獣を発見した一行は、討伐に成功する。そして、その夜、勝利の狂宴がつづく・・・

FLV22:57

手前にいる、黒髪の戦士系エルフが、カワイイ。彼女らが、延々とストライダーやドワーフに対してブロウジョブ奉仕をする姿にカーネル、もう、萌え萌えである。

リビング・ラブドール

2008-08-18 Mon 00:16:27

  20080818000542 

3Dブロンド美女のFUCKである。バーチャルなくせに、妙に説得力のある結合部が印象的である。常識外れたポリゴンティッツが生々しくゆさゆさと蠢く。

 

WMV01:36

 

またもや、洋物エロ3D登場。この動画の女ポリゴンは、まさに動くラブドール、いや、ダッチワイフといった形容をするのが相応しい。しかし、肉質感は抜群に見事な表現で、静止画と、動画の印象のギャップが激しい。

619セックス・ワン・ナイン

2008-08-17 Sun 04:33:10

image

ミゼットのルチャドールがリング上で性行為に及ぶ様を描いた動画である。

 

WMV01:35  

 

またSLUTHEADからの記事になってしまった。

 

 

 

ヌキ終わったら是非観ていただきたいルチャの試合

 

image

ところで、下のリンクは、ルチャの試合の動画である。全くエロくはないが、とっても良い試合である。

私、カーネル・オナペルドが、実際に会場で観ていた試合である。

 

flv11:50(ニコニコ動画より)

セック3D

2008-08-16 Sat 02:37:55

image

コンピュータグラフィックスによる巨乳女学生の性行為だ。眼鏡をかけた清純ポリゴンが巨根ポリゴンにコリジョンする。

FLV08:04

技術というのは、日々進歩している。しかし、技術の進歩を支える根源がエロティシズムにあるということは少なからずある。人類は淫猥によって繁栄するのだから仕方ありますまい。

〜海外人まんこ無修正が見たい人へ〜 『海の向こうの女の子』

2008-08-15 Fri 11:49:10

20080815113641 前回の記事「恐竜探検隊BORNFREE」をもっと大きなサイズの動画で観れる記事が「エログチャンネル」ですでに紹介されていた。

オナペルディアが遅れをとってしまった、その超人兵士的サイトは

「〜海外人まんこ無修正が見たい人へ〜 『海の向こうの女の子』」

である。

うたい文句どおり、海外人まんこ無修正が猛烈に閲覧可能である!

オナペルディアも、見習わねばなるまい・・・

「精進なくして、前進なし 〜カーネルオナペルド〜」

恐竜探検隊BORNFREE

2008-08-15 Fri 01:59:30

20080815015144   逃げ惑う婦人は、翼竜系の恐竜人に犯されてしまう。

WMV01:22

しかし、この「SLUTHEAD」ってサイト、コンテンツがエグ過ぎる・・・ほかの動画も、めったに観れない珍しいものがあって、とても魅力的だが、かなり嫌なものを見る覚悟が必要である。

close